ドッケン

ドッケンのジョージリンチとドンドッケンの確執は、いつから生まれたものなのだろうか。

ドンのスイートなヴォーカルに、ジョージのテクニカルなギターワークはピッタリ合っている様だが、音楽性的にも相容れない部分が両者にあった様だ。

ジョージリンチは弾きまくりタイプのギタリスト。ドッケンは歌メロを重視するバンド、という面が確かにあるだろう。

この二人、とにかく水と油の関係らしいのだ。