韓国バンジーで事故

人は高いところから落ちる時恐怖心を感じる。恐怖による興奮をスリルとして楽しむ絶叫マシンは人気だが、高いところから落ちるアトラクションと言えば、ジェットコースターよりもバンジージャンプの方が恐い。ジェットコースターやフリーフォールはあくまで乗り物だが、バンジージャンプは身一つにロープが付いただけの状態だ。スカイダイビングよりも手軽なため、やったことがある人も多いだろう。
そんな中、韓国のバンジージャンプ・アトラクションでジャンプ中にロープがほどけるという事故が起きた。29歳の女性は地上42メートルの足場から飛び降り、跳ね上げることなくそのままプールに落ちた。全身を打った女性は首や胸に全治4週間のけがを負い、恐怖心から顔面まひが出ているという。
警察は、業務上過失致傷の疑いで調査を進めている。
万が一のためにプールの上にジャンプ台を作っていたのだと思うが、もし地面だったとしたら・・・考えただけでぞっとする。メンテナンスなどは行っていなかったのだろうか。