古くから

サッカーでイングランドとスコットランドは相当古くからライバル関係にある。

国(地域)代表における世界最古の国際親善試合は、1872年にグラスゴーで行われたイングランド代表対スコットランド代表の試合である。

両国のライバル意識の形成にはブリテン島の歴史が大きく関係しており、1世紀に渡る対抗意識の社会的・文化的影響、また両国の対立が、両者の対戦に激烈な性格を与えた。

スコットランドのナショナリズムもまた、スコットランド人のイングランド撃破に対する欲求の要因となっていた様だ。

以後、激しいライバル関係は続いていく・・・