通販トラブルに注意

通販で「お試し価格」「初回無料」などをうたった健康食品、化粧品などの購入に関するトラブル相談は2015年度に5620件あった。2011年度からの累計は1万1812件に上り、年々増加傾向にあるそうです。
消費者が「お試し期間中」に解約手続きをしないと自動で定期購入へ切り替わってしまうケースや、「お試し」「初回だけ」のつもりで購入したものが、定期購入の契約になっていたという相談が多いとのことです。
解約をしようとしても「事業者へ電話がつながらない」「一定数購入しなければ解約はできない」というケースもありました。
同センターは「定期購入である旨の表示が分かりにくい」「簡単に解約することができない」といった点を問題として指摘し、消費者に契約内容や解約条件をよく確認するよう注意を呼び掛けています。