手漕ぎボートで太平洋横断

手漕ぎボートでアメリカを出発した男性が27日オーストラリアに到着し、太平洋横断に成功したそうだ。
地元メディアによると、イギリス人のジョン・ビーデンさんは今年6月、全長6メートルの手漕ぎボートでアメリカの西海岸・サンフランシスコを出発。209日かけて約1万3700キロを横断し、27日無事オーストラリア・ケアンズに到着した。
ビーデンさんはボートを桟橋に近づけ、少しおぼつかない足取りでボートから降りると、出迎えてくれた家族と抱き合った。ビーデンさんは「出発した時はこんなに大変だとは思っていなかった。何度ももう無理だと思ったし、本当にやり遂げられるとは思わなかった」と語った。
1日約15時間ボートを漕ぎ、出発時より5キロ近く痩せたというビーデンさん。途中、ルート上に発生したハリケーンの強風に流され、予定よりも1か月長くかかっての太平洋横断成功になったという。
食事などはどうしていたのだろうか?よく無事に到着したものだ。