サバ缶にサンマ混ぜ輸出

千葉県銚子市の水産加工会社「信田缶詰」が、2014年に製造した輸出用のサバの油漬け缶詰約300万缶に、サンマを混ぜて出荷していたことが分かったそうだ。中身の半分以上がサンマという缶詰でも、原料にサンマと表示せずに出荷していたという。
経済産業省によると、不正競争防止法は食品の原料を誤認させるような虚偽の表示に罰則を設けているという。同社は朝日新聞社の取材に「原料のサバが不足した際に、出荷を優先し、代わりの原料としてサンマを利用してしまった。あってはならないことで、出荷先や消費者に申し訳ない」としているという。
同社の説明などによると、サンマを混ぜたのは「MADKHANAH」のブランド名で中東、向けに出荷しているサバの油漬け缶詰だそうだ。魚肉は切り刻まれたフレーク状で、消費者が見た目や味でサンマとサバを区別することは難しいという。缶の側面にサバの絵が描かれ、イエメンなどの中東でサラダやスープの具材に使われているという。
同社は昨年、長野市の食品卸会社の子会社になったそうだ。この際、食品卸会社側が内部調査を実施し、サンマ混入が判明。14年に製造・出荷した約16000万缶のうち約300万缶にサンマを混ぜていたという。15年分に混入はなかったとのこと。
確かにサバとサンマでは加工してしまえば区別がつかないかもしれない。