豆類、3歳児に食べさせないで

2月3日は節分なので、家や職場で豆まきをする人が多いだろう。この豆、年齢の数だけ食べるとその年が健康になると昔から言われているが、3歳ごろまでの子供には食べさせないほうがいい。
消費者庁が、豆やナッツ類は3歳ぐらいまでの小さな子供に食べさせないようにと注意を呼びかけているからだ。
消費者庁によると、過去約5年の間に、3歳以下の子どもが豆やナッツ類を喉につまらせたなどの報告が多く寄せられているとのことだった。
豆やナッツ類は飲み込むときにそのまま気道に入りやすいため、小さな破片を気道に放置したりすると、気管支炎や肺炎を起こすこともあるるのだそうだ。確かに大人でも豆やナッツを飲み込むときに、喉にひっかかる感じがすることがあるので納得だ。
小さい子どもに注意しながら豆を撒いて厄払いしよう。