エンブレム公募、1万点以上くる?

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、白紙撤回となった大会公式エンブレムを選び直す委員会の会合を開きました。
委員長は会見で「応募は、1万点以上あるのでは・・?」と手ごたえを見せています。
エンブレム委員会の宮田亮平委員長によると、公式サイト上で公表をした、新たなエンブレムの応募要項のダウンロード件数がすでに5万件を超えたことを明らかにしたうえ、応募は1万点以上あるのでは?と見込んでいます。
応募は、今月の24日から始まり、来月の7日に締め切られる予定です。
その後、年内の予備審査によって、100から200点まで絞り込み、年明けから本格的な審査を実施するとのことです。
国内外での商標調査を経て、最終審査を行い、来年春にも新しいエンブレムを決定するとしています。