九州のクマ騒動、正体はアナグマ?

福岡、佐賀県境にある脊振山の登山道で17~19日、「クマのような動物を見た」との目撃情報が両県警に寄せられた騒動で、九州環境管理協会が目撃現場の一つで採取された動物のフンを分析したところ、イタチの仲間である「二ホンアナグマ」のものだったことが分かったそうだ。九州では絶滅したクマが生存していたのかと話題を呼んだが、協会や専門家は「この時期のアナグマは大きい個体もいる。目撃者がクマと見間違えたのではないか」としている。
九環協は動植物の生態や環境の調査を行っている。研究員の大井和之さんによると、福岡県警早良署が17日の目撃現場周辺で採集したフンを鑑定したところ、付着していた細胞のDNAの塩基配列などから、北海道を除く日本全国に生息するニホンアナグマのものと断定したという。
福岡市動物園によると、アナグマの体長は約50~70センチで、尾を含めると全長90センチ近くになる個体もいるという。雑食で穴を掘るための鋭い爪を持つが、人を襲うことはないという。動物相談員の古賀晋さんも「アナグマは越冬を前に、餌を食べこんでずんぐりと太っている。背中や尻を見た人がクマと勘違いすることはあり得る」と話す。
18日に佐賀県警に寄せられた目撃情報は「動物が立ち上がった」という内容も含まれていたという。アナグマは後ろ足だけで立つことはなく、大井さんは「これまでの調査から九州にクマは生息していないと考えられるが、断定はできない」という。その上で「野生動物は病気を持っているケースもある。登山道で大きな動物に遭っても近づかず、刺激しないように注意して」と呼びかけている。
クマではないということが分かって少しほっとしたが、いずれにしても野生動物に不用意に近づいてはいけないので注意は必要だ。